ブライダルローン

結婚式を挙げる際に掛かるお金は挙式や披露宴だけの費用ではありません。結納金や婚約指輪、結婚指輪など結婚に関係している用途で思っていた以上のお金が必要となるのです。

結婚をしようと決めた際に、何にいくらかけるのか、ココは省こうとか金額は結婚をする二人によって大きく変わってきます。が、一度に沢山のお金が必要となることには変わりはありません。

結婚式は小さいころからの夢!一生に一度のことだから妥協は絶対にしたくない!!新婚旅行も豪華に行きたい!!結婚指輪も気に入ったものが欲しい!!などと欲が出てくるものです。そうなると貯金だけではとても賄えなくなってしまうかもしれません。

思っていた以上にお金が掛かってしまうということはよくあることなのです。

一生に一度の結婚式だから妥協だけはしたくないけど予算が足りない・・そんな悩みを抱えているカップルの方が近年ではブライダルローンっていうのを利用して結婚をするっていう方が非常に増えてきているようです。

費用の全額をローンで支払うこともできますし、足りない費用の一部分だけをローンを組んで支払うこともできます。用途に合わせて様々な支払方法が選択できるのも利用する人たちが増えている理由のひとつです。

ブライダルローンとは、目的ローンのひとつで、結婚式や披露宴の費用のように結婚に関する費用を対象としたローンのことです。

自動車を購入するときのマイカーローンや家を購入する時の住宅ローンと同じで欧米では一般的に多く利用されているそうです。

日本ではこれまで冠婚葬祭に関するローンを利用する割合はそれほど高くなかったのですが、最近では自分たちらしいこだわりの結婚式を実現させるために予算よりも費用がかさむ部分のみ利用するというように利用する人が増えているみたいです。

様々なローン商品がある中で、審査基準や条件が比較的低めに設定されているので、他のローンよりも利用しやすいということも人気の一つだと言えます。

こういった方にブライダルローンはオススメですね。

・費用面で妥協したくない
・おめでた婚などで急きょお金が必要となった
・自分たちの力で挙式披露宴をしたい
・貯金を使いたくない
・まだ結婚式を挙げていない

などといった方にオススメです。

ブライダルローンのメリットは、結婚式に関する費用を現金払いだけではなくて、ローン支払いで何回かに分けることにより、一回に掛かる市はリアの負担を軽減することができます。
全額支払いではなく費用の一部だけをローンにすることもできます。支払いが分割になるので希望する演出や食事のグレードアップも可能になって満足のできる結婚式に少しでも近づけることができます。

デメリットとしては、用途が限られているので金利が低い分審査が厳しいということ、申し込みから実際の融資までに時間が掛かることが多いのでしっかりと計画を立てて余裕を持って申し込むとこが必要だそうです。

こういったところでブライダルローンが組めます。

ブライダルローン

学生ローン

学生ローンとは、そのままで学生を対象としたローンのことをいいます。原則としては、20歳以上の専門学生や短大生、大学生が対象でアルバイト等での安定した収入があれば学生ローンを利用することができます。

学生でも借りれるローン会社参考・・・学生でも借りれるローン

安定した収入の基準は、学生ローンと取り扱っている業者によっても異なるのですが、基本的には特定の職場で定期的にアルバイトをしていれば週に5日とかフルタイムとかで働いていなくても安定した収入があるとみなしてくれます。

日雇い派遣などのアルバイトの場合は定期的な収入が見込めないので、安定した収入とはみなされないことが多いようです。

学生ローンの申し込み方法は、基本的にはインターネットから行うことができます。学生ローンは全国の学生を対象としたサービスとなっていますが、学生ローン専門の業者は基本的に東京の高田馬場にしか事務所を構えていません。ですから、近隣に住む学生でなければ事務所に足を運ぶことができないのでネットからの申し込みが基本となっています。

申し込みをするにあたり、現住所や学校名、連絡先などの情報が必要となります。詳細を正確に入力して伝えるという意味でも、ネットでの申し込みが基本とされているのです。

学生ローンの審査方法は、基本的には電話で行われるようです。
インターネットからの申し込みを行うと、こちらから指定した時間帯に学生ローン会社から携帯電話に連絡がきます。

この電話で、アルバイトの詳しい内容やお金の利用目的や返済計画などいろいろなことを確認されます。特に融資をしても問題がないと半出してもらえると融資を受けることができます。

審査に通ると借入をすることができます。借入方法としては、銀行振り込みに限られています。学生ローン業者は大手消費者金融とは違い、コンビニや銀行に提携ATMがないので、審査通過後は指定の銀行口座に振り込みをしてくれます。

返済方法は、こちらも基本銀行振り込みになります。毎月1回、指定日までに一定額以上を銀行振り込みで返済をしていきます。

学生ローン会社によっては、現金書留や来店での返済も受け付けてくれますが、ほとんどの業者は銀行振り込みでの返済しか対応していません。

学生ローンを利用したことが親にばれないのかって不安ですよね。基本的には利用したことはバレません。
学生のほとんどが親には内緒でお金を借りたいと思っていることは理解してくれているので、実家に電話を掛けたり、借入をしていることがバレるような書類を実家に送るようなことはないです。

 

初めてのハイブリットカー

トヨタ アクアS(225万円)を、トヨタの残価設定型プランで購入しました。頭金10万円、月々3万1千円で5年間・60回払いです。

前にのっていた車が同じくトヨタ車で、同じトヨタの残価設定型プランを組んでいました。今年の12月に、5年の契約完了日を迎える予定でした。

「車検があと半年残っているし、今の状態なら下取り価格が十分出ます」とトヨタディーラーに勧められた末、アクアを購入しました。

ちなみにこのクルマを契約した際のディーラーは他県でしたが、トヨタディーラー同士で所有権の譲渡ができ、残価設定型プランの契約を新たに結びなおしただけで、面倒な手続きはなにもありませんでした。

アクアにチェンジして、月々のローンは5千円くらい増額になってしまいました。
私は街乗り(しかも一日往復10㎞程度)、ECOモード設定で渋滞区間や坂道の多い道を走っています。

前の車も燃費のよい車でしたが、30リッターの満タンで250キロ程度。毎週20キロを給油していました。街乗りの平均燃費は1リッター10キロ程度でした。

アクアはくらべものにならないほどの低燃費で、ガソリンを入れる頻度は1/3程度に減りました。1回30リッター満タンで500キロメートル以上は走れます。ローンが増えた分の元は取れている感じです。

アクアSに追加で頼んだ有料オプションとしては、後席モニターと、車庫入れのアシストギアとして、リアカメラシステムを付けました。これらの機能にもとても満足しています。